FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年2月25日 木曜日 紅の魔力光

 俺の中二病アウトラインが完成したわけだが。


 (挨拶)



 昨日は恒例のバイト後温泉タイム。
 20100225
 化物語とか逆襲のシャアを見ていたわけですが。

 晩飯は最近は宿近くのイタリア料理屋にしてたんですね。素泊まりだから。
 料理産品に生ビール数杯。ずっと本を読んでいたんですが、そろそろ会計しようと思ったところに、店長さんから、

 「いつもありがとうございます」

 とピザを持ってきました。Mサイズ。サービスだそうです。
 もうお腹ぱんぱんですが、好意を無碍には出来ません。お腹いっぱいの時に、さらに飯だけを食うというのは不可能。アルコールを必要とします。
 ビールは無理。お腹いっぱいの時にピザとビールは吐けるだろう。

 そんなわけで赤ワインをボトルでオーダー。長い戦いになりそうだったし。
 食べきって、ゲロンゲロンに酔っ払って、部屋に戻ってさらにビールとか飲んじゃって、中二病と戦ったりアニメを鑑賞。

 んで、しらふの今思うんですけど、僕はこういうサービスって苦手なんですよね。
 気持ちはうれしいのですが、あまり店の人と話したくないのです。さらに常連だから特別扱いとか、サービスとか、あまり好きではありません。

 だからほとんどの店で、一人でマンガを読みながら酒を飲むのです。話しかけて欲しくないのですよ。
 手持ちぶさたになったとき、こちらから話しかけたりしますが、かなり酔っているか、本当に親しいときに限られます。

 かつて僕が愛した「おまもり」という店は開店直後から閉店するまでの約7年間。超通ったものです。
 開店初期なんて開店から閉店まで僕とマスターだけという日がありました。

 日本酒と食事も美味しかったんですが、何が一番良かったかって、そこのマスターは余計な干渉を決してしなかったんですね。非常に居心地が良く、暖かいマヨネーズは苦手という僕の好みも覚えてくれて、僕がマンガを読んでいる間はほとんど話しかけてこなかったし。

 いや、なんか愚痴っぽくなりそう。なんつーか、今回のようなサービスされると、行きたくなくなるんだよなぁ。




 化物語つばさキャット。
 すばらしい出来でしたが、実写版OPだけがきつい。二次元をこよなく俺としては、三次元の人間が出てくるというのは非常に残念な事なのです。演出上の短時間なカットインなら笑顔で見る事が出来ますが、OPまるまる出てくるとかマジ勘弁。
 二次元美少女の美しさを損なう愚行。

 二次元美少女と三次元の良さは全く別物だと思うんだけどなぁ。フルアニメOPに差し替えたバージョンで5巻を出し直してくれないかな。そしたらもう一回買い直す。そして実写版の方は捨てる。



 今日のお買い物。
 20100225-1
 新谷かおる系はつい買ってしまいますよねぇ。
 たいてい面白いし、ぶっとびCPUのように本当にぶっ飛びすぎているマンガまでバリエーションも多数。



 iPhoneは普通着信ないでしょう?
 i自分の番号も知らないし。iPhone。まあ携帯電話の方も10日間着信無いとか余裕だけど。




コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。