FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年11月21日 水曜日 叶わないと思うから

 いや、最近スライド作りが忙しくて更新がなかなか^^;;;;;;

 (挨拶)


 使う教科書を実際読んでみて、これを90分5回でどうまとめて解説してフォローして理解しやすくするか。
 かなりいいこと書いてあってこれ読んどけばいいんじゃない?と思うのですが、それは僕が書いてあることを経験や今までの知識から十分に納得できるからです。

 初学者はそんなことないというか、学年聞いたら1年生らしいwwwwww
 1年というと18歳か・・・こんなの1年から教えるのね。医学部だと最初の2年は一般教養でしたからねぇ。今は2年からちょいちょい医学系講義が入っているみたいですが。

 さすがにスライド作りと講義での話題をどうするかシミュレーションしてスケジュール的に無理が出てきました。
 ここで他人にヘルプを求めるのが俺。
 いや、むしろ俺の人脈、人徳。
 プロミクミンの所以。

 某先生にとりあえず泣きついてみました^^;
 そしたらスライドなどを分けてもらえそうです。いやいつも大変お世話になっております。



 iPhone5。
 今回手ザリングが始まっているauのiPhone5をチョイスしてみたのですが、とても具合が悪いですね。LTEばりばりのところだと問題ないのですが、電波の入りが弱くて3GとLTEがせめぎ合うところでは通信が止まる感じです。そのときはWi-Fiも巻き込んで通信が止まる感じ。
 結局ソフバンのiPhoneを使った方がましという場面が多々あります。例えば俺の部屋
 ついでに職場でも頻繁に発生します。

 ネットで見る感じだと、僕以外にもそういう現象は起こっているみたいです。
 個人的な印象ではauというより、iPhone5側の問題じゃないかという感じですね。ソフトバンクのiPhone4sはiPhone5sが出るまで引っ張るつもりだったのですが、もしかしたらこっちもiPhone5にしちゃうかもしれません。
 アップデートで直ってくれるといいんですけどねぇ。


 新劇場版エヴァンゲリオンQ。
 先日見に行ってきましたが、かなりぶっ飛んでますね。あまりの超展開に、面白かった以外にコメントのしようもありません。まさにリアル斜め上。
 ネタバレは書きませんが、これはあと数回見に行く必要があるで・・・


 今メインをMacに移行するために試行錯誤しているのですが、ちょっと困っているのが写真のリサイズソフト。
 ぐぐればいくらでも出てくるのですが、なんだか動いてくれない。
 やり方が悪いのかなぁ。


 ほのぼのニュースももりだくさん。
 リンク貼るのが面倒なので省略しますが、秋田県で10代の女の子が患者としてきた際に盗撮したとか言う研修医が医師免許剥奪になってましたね。
 世代的には若い女性は絶対に一人で診察するなと教えられるはずなのです。それをしない若い医者とか、まあこういうやつなのかもしれませんね。ほほえましいです。

 奈良県では残業払うかで裁判になっていましたが、ここまで雇用者側の完敗。
 当直というのは大雑把に言えば基本的に寝むることができる、とてもとても簡単な仕事と言うことになっているんですね。定義的には。だから当直代というのは安いし、労働時間に入らないわけです。

 夜勤となると違います。
 きちんと労働時間だの給料を払わないといけないんですね。

 しかし当直という名目で、事実上は夜勤というのはまあザラにある話でして。僕も当直で完徹してそのまま仕事という日勤→夜勤→日勤なんて経験は何度もあります。
 これがひどいときになると日勤→夜勤→日勤→夜勤→日勤とか、そういうのが連続したりしてとてもとてもきつい。
 若いときはそれでもできたのですが、30歳過ぎた当たりに完徹の朝8時頃に動悸を感じたりしてですね。

 労働基準法?なにそれ?医者ってこんなもんでしょwというのが普通でした。
 時給の安さを競うまさにブラック自慢をお互いしていたものです。

 そういうお花畑の世界もいろいろありまして、基本的には小泉改革あたりからだと思いますが変わってきました。ついでに税務署なんかも参入してきて、これは当直じゃないから税金払えや的な。

 奈良県では産科の医者がこれは事実上当直じゃないから残業代を払えやと裁判が起こりました。

 たいていはまあ、示談でなあなあにするんですが。
 法的にはどうやったって医者も労働者だから、労働基準法が適用されます。ぶっちゃけたいていの医者もそのへんはなあなあでごまかしてやってます。

 しかし奈良県の知事は「医者にそんなの適用するな、いいから働けや」と争って「白黒つける」と最高裁まで行ってます。
 基本的には残業代の裁判だったのですが、「医者は残業代なんてきにせず、医者に無限に働け、労働基準法なんて知ったことか」的展開。
 これを最高裁に持ち込むとかなかなか理解に苦しむのですが。

 この裁判もかなりほのぼのしますね。ほぼ確実に棄却されると思いますが、そんな例を残しちゃうとやばいところなんてたくさんありそうですけどね。
 さすが奈良県です。

 あ、僕はもうそういうのから縁遠いところにいます。^^;
 夜勤やってから外来とかもう無理です^^;




 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。